MENU

末端冷え性と病気との関係

末端冷え性と病気について。末端冷え性をあなどるなかれ!
末端冷え性になるのは、特別な人だけではありません。
人間の体は心臓より酸素を含む血液が体中へとめがけて送り出されています。暖かい血液のめぐりは、生命維持に必要な栄養素も含む大切な成分を、体の隅々にまで運ぶことになります。

 

ですが生活習慣の乱れとか、過度なストレスを抱えることにより、澄み切った血液は次第にドロドロした状態に変わります。血液の流れが悪くなれば、体内の末端まで必要な血液は届きません。結果的に体の末端は温まることなく冷えてしまい、冷たい状態は病気をもたらす要因ともなり得ます。

 

多くの人は放置してしまいがちですが、
人によっては末端冷え性の改善をサプリで行う人もいるみたいですね。

 

末端冷え性になるということは、単に冷えるから困るというレベルでは終わりません。
末端まで冷えてしまうことで、睡眠時にも目が覚めたりする、睡眠障害を抱えることもあります。

 

不眠症は健やかな毎日を送るのを妨げます。
体内の末端まで暖まらないのは、臓器の不調のSOSとも言えます。重要な臓器を冷やすわけにはいかないので、体は集中して臓器を温めようと血液を集中させます。血液がどこかに集まることで、末端までは血液がいかなくなります。

 

現代人は多くのストレスを抱えて生きていますが、それが血行を悪くさせている上に、その冷え自体がまたストレスになるといった連鎖も、精神的にうつなどの病気を招きかねません。
なので末端冷え性 改善するためにしっかりと原因を取り除いていきましょう。

末端冷え性を抱える人の共通点


男性でも女性でも、末端冷え性の悩みを持つ人には、何かしらの共通点があります。
女性には非詠唱が多いですが、男性でも冷えで悩んでいる人はいます。女性の多くが冷え性なのは、男性よりも圧倒的に筋肉量が少ないためです。

 

しなやかで柔らかさのある女性の体は、女性らしくていいのですが、筋肉が少ないことでの不利な点も否めません。男性で冷えに悩む人は、だいたい痩せ型であり、おまけに筋肉がないタイプです。つまり冷えを抱える男女の共通点は、体の筋肉量がとても少ないということです。

 

女性でもアスリートに冷えはいませんし、男性で細くてもマッチョな人は冷えはないです。筋肉があることにより、体内の脂肪燃焼で熱はつくられて、体内の血液は温かくなります。そして筋肉へも行き渡り、酸素を体内の末端まで届けることができるからです。

 

燃料として脂肪は存在しますが、筋肉という発熱器がないことには、熱は出せないわけです。特に女性の場合は、ファッションが多様化しているため、無意識のうちに冷えを助長する服装をしています。

 

ヒップが見えそうなショートパンツを着用したり、寄せて上げるキツイブラジャーをしたり、素足にミニスカートなど、全身を冷やすような服装になりがちです。
冷えるな…と思ったら末端冷え性 改善 飲み物で体の中から温めるように意識するといいですよ。